漂う社会不適合者

「社会適合、実験中」を改題。三十路そううつ歴9年職歴1年の独り身女がのらりくらりと生活する記録

記録更新

と言っても嬉しくない、病欠日数の記録更新です(昨年も今回以上に忌引とその後の疲労からの病欠をしてますけど)。


流石にこれはダメだ、内科云々より精神科だ!と近所の気になっていた医院に何とか予約しました。


風邪や熱によるのも多分にありますが、歩き方や全身の痛怠さが鬱と酷似しておりまして(知人にあれこれ言われましたがアドバイスを受付出来るレベルじゃないし、今や整体とかで触られるのが苦痛状態なので退散しました…)。

何より外出の支度や電話するだけでとてつもなくエネルギーを使っている気がします。コンビニへ行くだけでヘトヘトになり、目的の物を買いそびれたりとか、何種類もあると選ぶ事で疲れてしまうとか。


何かの勢いでこの谷か沼に嵌まった状態を越せそうな気もするのですが、このまま悪化、停滞する気配もしなくはない。


違う病院に行こうと思ったのは、今まで処方薬を貰いに行ってた先生は(悪い先生ではないのですが)やや遠い、混んでいる、何となく苦手(声が志◯けんぽい)で気が進まず、という勝手な理由です…。

本当は1年以上通院しているので紹介状を新たに書いて貰うか、以前の物を返して貰うのが筋でしょうが、ひとまず行ってみて良さげならその依頼をしてみようと思います。新しく行ってもっと合わない先生である可能性もありますしね。


何とか電話した受付の方の応対的には良さそうですが、どうなりますやら。

広告を非表示にする

引きこもる

お久しぶりですこんばんは。

怒涛の正月突発異動の後四月からまたまた異動しました、が。


先週は偏頭痛の嵐、今週は風邪引いて今のところ2日ずつ仕事を休んでます。

今月は寒暖差激しいしそもそも春は毎年具合悪いしな〜と思いつつ今回は↑の疲れじゃないの?という気がね...。


転勤とかではないけどまたゼロからかよー!という。

でも今更元に戻されても困るので慣れて行くしかないです。


それにしても今日ぐらいパン買いに行けるかと思ったんですけど、一旦ヒキコモリニストに切り替わると出かけるより、籠城してあるものでご飯作る方が気楽という。作って少し食べては寝て過ごしてます(ロングスリーパー気味で腰痛い)。

ご飯作って食べる余力あるだけマシ、と思うようにします...。

広告を非表示にする

友達が少ない友達

というのが今年初めての投稿なのはどうなんだろうと思いますが、しれっと。

立春とはいえ寒すぎてよくわからなくなってきましたが私はそれなりですこんばんは。


さてタイトルに戻りますが、気付いたので書き留めておきます。

私の友達は色々な所属、土地、年代でバラバラにいます。が、その中で気になるカテゴリが、それぞれ本人曰く(或いはその親御さんから)「誘う友達が少ないから」と私を呼んでくれる子たち。

そもそも全員同級生なのですけど、それぞれは付き合いがないという。私と(もう1人の友人)という点からは発生するけど、横には繋がらないという不思議構造なのですね。

どうしてそうなのか今まで謎だったんですけど、共通して言えるのは彼女たちはそれぞれ、人に興味が無いと同時に社会的な礼儀作法がおかしいなと思い至りまして。


直接的には近年の冠婚葬祭での、特にお金のやり取りで変だな?というエピソードが続いたことでしょうか。普通そこは聞くだろうとか、改めてのお礼の言葉くらいあって然るべきところでそのアクションがない。


私にとっては他で色々補われてるのでこれからも折々やり取りがあれば応えるつもりですが、これじゃあ中々立ち入った人付き合いは続かないよなあと...。聴いてる分だと、仕事は出来るんですけどね。でも自分の範囲だけでは出来るとは言えなくなる年代に差し掛かってるしなあと要らぬ考えも過ぎる...。


私もマメではないですし、考え過ぎて動けなかったり逆にすっぽ抜けることは多々あります。

ただ、良いのか悪いのか彼女らの様に世間と断ち切って暮らすことも出来ず。

噂話はどうでもいいですけど、出来る範囲で挨拶や謝意、金銭や労力のやり取りはキチッと返さねばと思いました。


広告を非表示にする

父よさらば

また間が空きました。


前回書いてなかったのですが秋口に父が急死しまして、そのあとの葬式だ法事だ役所銀行インフラ手続きだ、プラス残った自己破産の手続きだ借金だ倒産だ弁護士裁判所、お金の工面どうする???で時々やられつつ何とかの後半になりました。自己破産も倒産もお金ないとおちおち出来ません(そもそも手続きを自分でやれる人なら破産しない気が)。


相続放棄もありだったんですが、すばやく母が自分の貯蓄や親戚からの借金で滞納分を支払ってしまいスッカラカン→放棄するタイミングを外すなどなど。言っても聞かないしとりあえずは父の生前より収入支出が安定するので、放っておくことにしました。


正直父を亡くしたショックはなく、(死んでるのに死ねばいい!と何度思った事やら)来るべき時が来たかという感想しかないです。家族親族以外は迷惑かけずに済んでよかったなとだけ。

ただ、そういう諦めとお金のなさは周囲に相談しようがなく(理解されないだろうし)しんどい...。


まあこれ以上の使途不明借金は無くなったし残ったボロ屋とガラクタどうするかだけ考えれば良くなったのでいいとします〜。


広告を非表示にする

とりあえずの出勤

とりあえず今日出勤してきました。

(朝救急車で運ばれている人が居てドキドキしましたが)


結果まあ何とか一日やれた訳ですが、色々心配で見返す割に印刷ミスも多いという...。今現在は見張られて怒られるとかはないのですが、自分で昔の色々を思い出したり内なる自分に怯えたり。チラッと仕事は来てなんぼやでーと言われたり。


まあ病気の事は伏せてるものの、何か病弱そう&大変そうオーラで通してるとはいえ、そもそもがひよわなのは何とかしたい...。


腰、背中、首、肩、目、胃と頭が痛いのが主な症状ですけど鬱とストレスで片付けられるんだよなあ。痛いのがストレスのような気がする。

広告を非表示にする

平日だけど休日

情け無いのですが朝の支度もままならず外も出たくなかったので、2日間ひたすら家で寝てました。


主に仕事が若干暇、さらに会社の宴会×2が待ち受けてる憂鬱さです…。あとはこの2ヶ月休日実家に行ったり来たりで疲れてますね。でも気になるのでつい帰ってしまう。


2日寝てれば(引きこもってれば)大概動けるようになるはずなので、仕事の休みと私事の折り合いをつけねばな。

広告を非表示にする

家庭という、もやもや

8月は空いてしまいましたがこんばんは。

暑さで細々とダウンしてましたが、何とか仕事しています。


その間に30歳になり女子という括りから離れられるかな!と期待していたのですが、今しばらくは彼氏や結婚、子どもはどうなの?という話は折々あるようです。


※因みに両親はもうすぐ70でひとりっ子といえば益々ヒートアップする模様。単にうちは解るだけでも三代そろって末っ子四十の子ども家系なだけです。曾祖父母が江戸時代になっちゃう。


双極性障害持ちで父親は破産してるし性格が変だし、母は時々手がつけられなくなるし、先の四十の子どものために介護や見送る時期は同世代より恐らく早い、という世間的に嫌がられそうな背景ももちろんあります。

が、5月のパーソナルスペースの話の、そもそも人が側に居るのが怖いのと、自分の血を引いた子どもは居なくていい、という拗れた感情が拍車をかけてまして。


ってな事は現実さらっと言えないしなあ。


まあそれでもいいよという人がいたら別に70くらいでの結婚もありかなと思ってます。その頃には親も親戚も見送り終わるし、自身の子どもも無理ですから。


改めて文字にすると、さびしい人になるわ...。